子どもに気付かされてからの私の口臭対策

 口臭が気になるようになったのは、40歳を過ぎてからでした。人と話す仕事をしているので、昔から歯磨きなど口腔内を綺麗にしておくようにしていたのですが、年齢と共に体臭や口臭を気にするようになりました。お子さんと話をする際、しゃがんで目線を合わせて話をすると、たまに顔をしかめられたり、顔をそむけられたりすることがありました。“ああ、口臭だ”と、その反応から気付かされました。
 はじめは、いくつかのマウスウィッシュ液を試してみました。

http://www.ha-sakura.jp/

アルコール系の方が効きそうな気がしたので、そちらから始めましたが、低刺激と書いてあっても、けっこう刺激があり、使い続けるのは苦痛でした。そこからノンアルコール系のマウスウォッシュ液に変えてみました。これは比較的使いやすくて、寝る前と朝、出かける前に使っていました。口臭は改善していると思いたかったですが、口臭を確かめる方法が分からなくて、気になる日々は続きました。

 その頃から、月に1回、口腔内のクリーニングを歯科医院で行うようにしました。歯や歯肉の健康チェックもしてもらえるので、毎月1000円程度で済むので、いろんな薬や歯磨き粉を使うよりもいいということに気が付きました。適切な歯の磨き方なども指導してもらえるので、口臭への不安は、随分少なくなりました。

 自分の口臭チェックの方法ですが、マスクを使っています。コロナウィルス対策でマスクを使うようになってから気付きました。使い捨ての不織布マスクを1日使った後、ビニル袋に入れて半日ぐらい置きます。それを取り出して臭いをかいでいます。日によって、多少臭うこともありますが、とても気になるほどの強い臭いがすることは、今のところありません。これからも、口臭については気にしていきたいと思います。

子供の口臭の原因について

お子様がミルクを卒業して少し経ったことに、少し口臭が気になってくる方もいらっしゃると思います。ちゅらトゥースを実際に使った私の口コミ&効果!

原因についていくつかご説明させて頂きます。
1つ目は「ハミガキ不足」です。

毎日のハミガキ習慣が出来ていなかったりすると歯の隙間に詰まった食べカスが口臭の原因になります。
毎日正しいハミガキ習慣を身につけてあげるのが大切です。
2つ目は「食べ物を噛む回数不足」です。
あまり食事の時に噛むことが少ないお子さまに多いようです。

噛まずに食事をすると唾液が分泌されません。唾液がないと菌を洗浄してくれなくなるので、菌が留まったままになり口臭の原因となります。
噛むことを教えるのは大変ですが根気よく、噛む姿を見せたりしながら教えていくことで少しずつ改善に向かって欲しいです。
3つ目は「口呼吸」です。

口で呼吸する癖が出来ていると、口が開いたまま過ごすことになります。そうすると、口内が乾燥し菌が繁殖しやすくなるそうです。
小さい子に対して呼吸の仕方を教えるのは大変なことかなと思います。

主な原因は、やはりハミガキ不足があると思うので毎日忘れず欠かさずお子さまのハミガキをしっかり習慣付けてあげることで改善を目指しましょう。
必ず仕上げ磨きをするといいかもしれません。

口臭は鼻臭にもつながる!

よく耳にする口臭という言葉ですが、実は口と鼻は繋がっている器官同士なので、口臭が気になるというときは、鼻臭も気にした方が良いと聞きました。確かに私自身も、ニンニク料理・玉ねぎ料理を食べた後の口臭、朝の寝起きの口臭、コーヒーなどを飲んだ後の口臭など、普段から気になっているのは、口臭の方ばかりです。しかし、言われてみれば、口と鼻はすぐ隣にあってしかも繋がっているわけなので、息をするときに口臭がするのであれば、鼻臭もあると考えられます。

http://d-moon.lolitapunk.jp/

口臭が気になるときに、鼻で息をすれば臭わないとも思いましたが、口ほどの臭いはないかもしれませんが、鼻臭として臭いがもれている可能性はありますよね。例えば、エレベーターなどに乗ったときに、狭い空間なので隣の方が鼻で呼吸をしていたとしても、息の臭いが気になるということがありました。鼻臭というものも、口臭と同様にイヤな臭いの元となり、知らず知らずのうちに、他人に不快な思いをさせる原因になりかねません。そうならないように、まずは分かりやすい口臭自体をしっかりと対策して、不快な臭いがしないように心がけなくてはいけないなぁと思います。マスクをしているとより自分の口臭は分かりやすいと思うので、参考にしつつ対策をしたいものです。

口臭に悩んでいるあなたへ

口臭で悩んでいる方は多いと思います。http://d-moon.lolitapunk.jp/

まずは口臭の原因について考えてみましょう。

1つ目は生理的な口臭です。これはどなたにでもある口臭なので本人も気づかったり相手側にもあまり気づかれないほどの臭いです。生活習慣を改善することでよくなります。
2つ目は口に含まれる食べ物や飲み物、タバコなどによる口臭です。食べること飲むことは日常生活で必要なことですし、しばらくすると臭いは落ち着いてきます。

3つ目は病気からくる口臭です。歯周病や虫歯からくる口臭だったり、蓄のう症や消化器系などの病気から臭いが発生していきます。治療することによって臭いを減らしたり治したりできます。
4つ目はストレスからくる口臭です。ストレス社会なのでこれが原因の方も多いのではないでしょうか。口の中が乾燥すると臭いが強くなってきます。

とくに気になるのは歯周病や虫歯による口臭です。
歯周病は進行すると歯を磨く時歯茎から出血し、それに膿が混じってくると口臭の原因になってきます。
虫歯は虫歯の穴の中に食べたかすや菌などがたまって臭いが発生します。小さい虫歯だと口臭は抑えられますが、虫歯が大きくなってくると臭いもきつくなってきます。

対策としてはきちんと歯を磨きフロスをすることで口の中を清潔にし、カフェイン入りの飲み物や甘いジュースなどは控えて禁煙も減らすかやめてみましょう。