練習してアイラインがうまく描けるようになった

メイクをするときにアイライナーは必要です。アイラインを入れると目がはっきりとして大きくみせることができます。評判どおり?ルメントホワイトニングジェルの効果を徹底検証した私の口コミ!

でもどうしてもうまく描くことができませんでした。いつも緊張して手が「プルプル」ふるえてしまっていました。

繊細な作業が求められますが練習するしか上手に描く方法はありません。

・私の練習方法

私はリキッドアイライナーをつかっています。つかうときはファンデーションの後です。

アイライナーのあとにアイシャドウをつかっています。それはアイシャドウの粉がアイライナーの筆につくのを防ぐためです。

ラインを引くときは空いている手でまぶたの皮膚をもち上げてラインをかきます。皮膚をもち上げて凹凸をなくすとラインが引きやすいです。(目を伏し目にするとまつ毛の生え際が見えるのでいれやすいです)

ちなみに目の下にアイライナーを引くときはペンシルタイプをつかっています。

アイライナーのあと、アイシャドウを塗る前にフェイスパウダーでまぶたや目の周りをしっかりパウダリングしてよぶんな油分・水分を除去し、アイライナーの上からアイシャドウをのせると落ちにくくなります。

アイライナーを上手に描くためには練習しかありません。

アイライナーは皮脂・お水に落ちにくいウォータープルーフをつかっていますが私のやっているアイラインの引き方で落ちにくくなるので「パンダ目」を防ぐことができます。