左右でバストの大きさが違う原因と対策

私たちの体は、左右でサイズが異なるものが少なくありません。足のサイズが2ミリ違う、手の長さが左右で5ミリ違うといったことは、多くの人に見られます。バストにしても左右対称ということは、厳密には難しいものです。

しかし、バストの大きさは、女性にとって他の部位のサイズと違った意味を持ちます。左右で大きさが異なることが大きなコンプレックスになります。もっとも手軽な解決方法は、パッドの使用でしょう。小さい方にパッドを入れれば、ブラジャーの盛り上がりはちょうど良くなります。

しかし、根本的に解決したい場合は、バストのサイズが左右で異なる原因を知る必要があります。バストの大きさが違ってしまうのは、日常生活で右か左のどちらかをあまり使わないためです。頻繁に使っている側は、筋肉が発達し、負担がかかることで体の軸が崩れてしまいます。軸がずれることで骨盤が歪みます。 

バストの大きさを揃えるには、体の左右をバランス良く使うことが大切です。使用頻度を上げる必要があるのはバストが大きい側です。骨盤矯正のストレッチも習慣化しましょう。仰向けに寝たまま両脚をくっつけて体の左右に倒します。倒す際は息を吐き出し、起こす時に息を吸います。左右交互に1日10回を目安に続けましょう。