30代になって浮き彫りに?!抑えるべき基本的なシミ対策

10代、20代の頃はほとんど気にしなかった日焼け。

日焼け止めを塗らない日もしばしば、なんて人も私だけではないはずです(笑)

そんな私も30代に突入し、顔のそこここにシミが浮き出てきました。

これまで適当にしてきたスキンケアのツケが、こんな風に回ってくるなんて…

しかし過ぎたるは猶及ばざるが如し。

今から対策を打つしかありません。

しかしお肌に使う時間も体力もお金もそれほどないのが現実。

まずはシミ対策にスキンケアの基本を押さえることにしました。

nicoせっけんの効果と私の口コミ!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

1.日焼け止めをこまめに塗る

まずは、日焼けを徹底的に防ぐこと。

シミのできる原因である紫外線をブロックすることが基本となります。

紫外線は季節問わず降り注いでいますし、屋内にいても窓からの日差しがあるため、ゼロに抑えることはできません。

例え、仕事が休みで家を出る用事がなくても、日焼け止めは欠かさず塗ることが大切なんですね。

また、出かける前に一度きり日焼け止めを塗っても、汗や摩擦などで落ちてしまうことがあるため安心できません。

日焼け止めの効果を持続させるために、こまめに塗りなおすようにしましょう。

2.シミを抑えるビタミンを摂る

日焼け止めを塗っても届いてしまった紫外線にはビタミンA、ビタミンE、ビタミンC!

抗酸化作用があり、老化を防ぐ効果が期待できます。

 ビタミンA…皮膚や粘膜の健康を維持する。緑黄色野菜に多く含まれる β-カロテンという栄養素が体内でビタミンAに変わる。

 ビタミンE…血行をよくするはたらきもあり、肌のハリを維持や新陳代謝を促進。ナッツ類やコーン油などに多く含まれる。

 ビタミンC…メラニンの生成を抑える。コラーゲンがつくられるのを促進し肌荒れを改善させる。イチゴやレモンなどに多く含まれる。

以上、シミ対策の基本をお伝えしましたがいかがだったでしょうか。

これくらいなら意識すればできそうな気がしますね。

すべては日々の積み重ね。対策を習慣化して、後悔のない30代を過ごしましょう。